輝きコンサートを終えて 〈第5話〉

  • 2011.09.05 Monday
  • 18:30
 

輝きコンサートを終えて  第5話


素敵な大地の話は、綾瀬から海老名へそして厚木へと続く。

私は少なくとも5つの川を越える。引地川、蓼川、比留川それから目久尻川、相模川。

海老名の平地は沢山の水路を通り抜ける。引地川(蓼川、比留川)は綾瀬、大和市に水源をもち、降

り注ぐ雨をひたすら南へと集め走り、江ノ島の脇まで流れる。ひとびとは江ノ島を目指して歩く。子供

の遠足のコースとなる。

残りの川はすべて相模川に向う。相模川は、あの有名な源頼朝の落馬した馬入川とも呼ばれ(関東

大震災で鎌倉時代の橋脚が隆起し発見されている)馬入橋を過ぎるころには波を打ち返しながら大

海へと流れ込む。相模川は日本一の富士山を北に回り西の富士川と四つに構えて東の相模川とな

る。


山梨の大地の雨も丹沢の峰の雨もただただ相模湾へと向かわせる。富士川が駿河湾へと雨を集め

送り込むように。太平洋で出合っても富士山を挟んで西と東の川のぶつかり合いがある。

「ひがーし、相模川」「にーしー、富士川」いつか相撲の模様をお伝えしたい。先日の何年ぶりかの両

横綱がぶつかった2008年1月場所の一番のように。



・・・つづく

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック